Life of Chameleon

カナダ在住大学生|LGBTQ+|就活生

マレーシア・コタキナバル旅行記

こんにちは。

最後の大学生活を満喫しているエミです。

今年の夏、実は二週間コタキナバルに滞在していました。

みなさんこの場所知ってますか?

私はこの旅行をするまで聞いた事もない場所でした。

地図上で言うと、ここです↓

http://blog-imgs-48.fc2.com/z/e/k/zekkochosan/20140204211429ecd.jpg

一応マレーシアなのですが、本土とは離れたボルネオ島という島の一部が

コタキナバルです。

 

夏の間はいわゆる乾季でリゾート地として知られています。

 

今回はそんなコタキナバルでの旅行の体験をつらつらと写真も入れながら書いていきたいと思います!

 

食事について

コタキナバルは海に面している事もあって、観光客の人が一番食べるのが海鮮料理です!

街中を歩いていてもそこらじゅうに海鮮料理屋さんが転がっているのがコタキナバルです。

その中でも最初に行ったのがここ!

f:id:chameleonemi:20171018140503p:plain

 海鮮料理屋さんがずらーーっと並んでいて、好きな物を注文できるんです!

すみません、場所の名前を覚えていないのですが、

ローカルの人も通っているとの事だったので、きっと見つかるはず!笑

(または、蛍光板の文字を解読してください笑)

 

ここで私たちが食べたのはこれ↓

f:id:chameleonemi:20171018140704p:plain

 普通に美味しかったです!

このエビに限っては、水槽で泳いでるのを指さして

「これがいい!」

って言って調理してもらったものなので、まー最高でした。

コタキナバルの海鮮料理屋さんはどこでも水槽から直接

お客さんが量・調理法を選んで注文するところがすごく多かったです。

ぜひ、試してみてください!

 

次におすすめなのが、"Yee Fung"という場所にあるラクサヌードル!

f:id:chameleonemi:20171018141020p:plain

f:id:chameleonemi:20171018141038p:plain

私、ばかみたいなのですが、肝心の料理を撮り忘れていました。。。笑

でも、騙されたと思って一度ここに言ってラクサを頼んでください!

ものすっごく美味しいです。

ラクサを知らない方は、こんな感じのちょっとスパイシーなヌードルです↓

http://www.ocean-sound.com/img/info/food/rest/senhin2.png

シンガポール・マレーシア料理であるラクサ、せっかくコタキナバルにいったら食べなきゃですよね。

上のお店は、美味しいラクサで有名で、いつ行っても人が席が空くのを待ってました!

10分くらい待たなきゃかもですが、本当に美味しいです!

ので、コタキナバルに行かれる方は行ってみてください!

もし、美味しくなかったら、このブログまでコメントください笑

 

他にもたくさんありましたが、一旦食べ物は以上にして

次に観光地を紹介したいと思います!

 

観光地について

コタキナバルといえば島に囲まれた島。

来る観光客の人は周辺の小さな島を回ったりしています。

そこで、私たちも島に行ってみることにしました!

私たちが行ったのは『マヌカン島』

こんな感じでした↓

f:id:chameleonemi:20171018141747p:plain

f:id:chameleonemi:20171018141836p:plain

f:id:chameleonemi:20171018141918p:plain

すごく綺麗かって言われるとうーん。。という感じですが、

私が行ったのが大雨が降った次の日だったのでその影響があったのかもしれないです。

 

実際に一週間後に行った友人は、透明度もあってすごく綺麗だった!

と言っていたので、あまり上記の写真を参考にしなくていいかもです笑

 

ただ、期待をあまり高く持ちすぎない方が良いかも、とだけ言っておきます!

確かに海の透明度は高いかもしれないですが、あまりビーチが綺麗ではないのと

観光客の人がたくさんいます。

 

なので、もし時間がある人は、10−20分程度でいける島ではなく

もう少し離れた離島に行くのをおすすめします!

Uberのおっちゃんも、遠くの島に行くのをおすすめしてました笑

 

 

そして!私が一番おすすめしたいのが、リバークルーズ!!!!

コタキナバルはその環境もあって、珍しい動物がたくさんいます!

そのような動物を見るためにいくつか半日でいけるリバークルーズがあるのですが、

私はクリアスリバーのクルーズに参加してきました!

これが結構面白くて。

とりあえず写真貼ります

f:id:chameleonemi:20171018142459p:plain

f:id:chameleonemi:20171018142533p:plain

f:id:chameleonemi:20171018142556p:plain

市内出発→目的地到着→クルーズ→ディナー→ナイトクルーズ

という感じだったのですが、足長猿などの

普段見れないようなお猿さんを3種くらい目撃することができました!

夜のナイトクルーズは、たっくさんの綺麗な蛍に囲まれたり(写真撮れませんでした。。。)

思ったよりも楽しく、貴重な体験ができました!

 

ガイドさんも丁寧に説明してくださって、写真もたくさん撮れますし

時間がある方は是非ツアーに参加してみてください!

 

ちなみに、私はAmazing Borneo Toursというサービスで行きました。

ただ、英語での説明しかないので、もし日本語が良いという方は

他のツアー会社が良いかとおもいます。

現地でも何人か日本人ツアーガイドの方と来ている方がいらっしゃったので

きっと何かあるんだと思います!

 

 

最後に、Sunday Marketについて!

毎週日曜日に市内で開催されるマーケットがあるのですが

一週間に一回しかないので絶対に行くべき!

f:id:chameleonemi:20171018143110p:plain

f:id:chameleonemi:20171018143131p:plain

こんな感じ、なんですが

とにかく色んなお店が並んでいて、お土産を買うにはもってこいの場所です!

ずっと見てると、同じようなものを売っている場所もたくさんあるのですが

何よりこれだけ人気(ひとけ)と活気があるのをコタキナバルで見れるのは

このサンデーマーケットくらいかもしれないです。

 

物だけでなく、ちょこちょこ食べ物とかも売っているので

日曜日にステイする方は是非是非いってみてください!

 

 

最後に

2週間もいたので、正直この記事にはまとめられないくらい

色々と話したいのですが、一旦一番お伝えしたい部分は伝えられたかと!笑

もし、コタキナバルに行こうと考えている人がいれば、是非参考にしてください。

あと、最後にまとめでいくつか旅行の際に覚えておきたい事を書いてみました↓

 

・最大でも1週間のステイで十分

・海鮮料理は絶対に食べるべき

・街中は安全なので、そこまで警戒しなくて大丈夫

・マッサージ安いです

・タクシーではなく、UberまたはGrabを使うべき

・トイレにたまにティッシュがないので、持ち歩くのをおすすめします

 

それぐらいでしょうか?

最後に変なまとめ方をしちゃいましたが、

これにてコタキナバル旅行記終了です!

 

それではまたまた!

 

2018年卒帰国子女就活事情

http://college.nikkei.co.jp/article/photo/2015062207201_m.jpg

 

私、2018年海外大卒帰国子女のえみと申します。

2018年卒、といえど、正確には2018年5月卒、つまり2018秋入社又は2019春入社となるわけです。

そんな普通の人とは違った就活をしている私の体験談を今回は書きたいと思います。

 

一番の難関はWebテスト?

帰国子女で英語ができ、オリンピックが近付く中どの企業も喉から手が出る程英語を話せる人がほしい!!

じゃあ、帰国子女なんて就活簡単じゃないか??

と思われがちです。

ただ、忘れないで下さい。

帰国子女の難点は『日本語力のなさ』です。

 

そんな中、普通のみなさんと同じ基準で、SPI、玉手箱などのいわゆるWebテストを受ける訳です。

まー、何人の帰国子女がそこで落とされることか。。。

しかも皆、結構これを甘く見ているんです。

学歴がいいから受かるだろ?なーんて

受かりません。

今これを読んでる帰国子女のみなさん、一冊本でも買って、しっかり対策しておきましょう。

 

面接は楽勝?

正直、 人によりけりとしかいい様がないですが、一般的に留学経験者の人は面接が得意なように感じます。

なぜならずばり!

自信があるように話すのが得意だから

 だと思いますね。

http://www.siteremark.com/img/fotolia_87839814_xs.jpg

 

正直、面接の対策なんかしてない人が多いと思います。(ケース面接とかじゃない限り)

でもなぜかみんな結構通っちゃったり。

 

それは、留学経験から得た自信なのか、

自分の事をしっかりと語れる人が多いので企業の方もそれを良い事だ、

と捉えるところが多いみたいです。

 

Webテストさえ突破しちゃえば、面接は意外とすんなり行くかも?

※個人差はあります。

 

何よりも大事なのは”企業選び”

さあ。ここまでで一般の日本人学生と比べると就活に有利なように思える

帰国子女ですが、最大の難関は『企業選び』です。

人によっては50社など受けるのが普通な就活ですが、

帰国子女の場合受けられる企業の数が本当に限られています。

卒業後に日本に帰って一般的な就活をする人は別ですが、

帰国子女の就活は基本3日間で決まります。

 

帰国子女なら誰でも知っているのがボストンキャリアフォーラム

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/co-media/image/955f1a50895aef65d99face488872f0d

3日間で面接をしまくって一気に内定までもらえる留学生定番の就活フォーラムです。

金融、総合商社、外資系まで200社以上の優良企業が集まるフォーラムですが、

私達就活生が受ける事のできる企業数は最大でも10社、普通は5社くらいでしょうか。

 

この限られた数の中から内定を貰うのは結構な至難の技です。。。。

 

では、そこで成功するために何が必要なのか?

”自分にあった企業選び”

なんです。

 

「この会社なら私のしたい事ができる!」

「この会社のカルチャーは私にすごくあっている!」

と、ここまでの納得感を持って応募しない限り、適当に会社を選んで応募すると面接で痛い目にあいます。。。

 

自己分析をする際に、

「自分は何をしたいのか?」

「どんな環境で働きたいのか?」

などを一生懸命考えて、確立し、その上で企業を調べ上げて選んだ方が

内定がもらえるだけでなく、納得の行く就活ができるのではないでしょうか。

 

最後に

なんだか、最終的には普通の就活アドバイス記事になってしまいました笑

ただ、帰国子女というだけで就活の情報が少ない中

①なめてかかってはいけない

②事前の自己分析、企業分析は普通の就活生同様重要

という二つが大事だなーと思いました。

 

ちなみに、こんな私は内定はあるものの、未だまだある可能性を求め就活中です。

帰国子女がよく言われる事あるある①

高校、大学とカナダで過ごし、世間一般的には『帰国子女』と呼ばれる私えみでございます。

今回は帰国子女あるある!

ということで私が個人的にうざったいなーと思っている事を帰国子女目線で書いていきたいと思います。

 

「英語しゃべって!」

これ、正直疲れます。。。

大学生になってこれを言われる事は少なくなってきましたが、

高校生の時はまー友達に会う度に言われてました笑

確かにしゃべったらしゃべったでかっこいいのかもしれない

でも、必要ない時に英語なんて帰国子女でも話したくないもんです。。

”日本にいるんだから日本語しゃべらせろおおお!!”

って思ってました笑

 

「やっぱりなんか雰囲気違うよねー」

特別扱いされているのか見下されているのか、、、汗

私、もともと顔が濃いめで日本人の血100%なのに若干日本人離れした顔をしていて、

それが留学してからより一層指摘されるようになりました。

「あーだからか。ちょっと日本人ぽくないよね〜」

違う!だからじゃない!もともとの顔!!!生まれつき!

と思ったりしてます笑

 

まーでも、この「雰囲気」の中には服装とか態度とかも入ってると思うのですが、

確かにそれは留学の影響はあるかもしれないです。

あ、腹出す服装とかじゃないですよ?

ただ、服装に無頓着というか、基本ジーパンTシャツだったりするので。

あと、態度はあれですかね。男っぽくてサバサバしてるところかな?

とかはよく「帰国子女っぽい」って言われちゃうんですけど、あながち間違ってないかもです笑

ただ顔は違います!

 

 「彼氏は外人!? 」

そんな事ありません。

みんながみんな外人と付き合っている訳ではありません。

私日本人大好きです。

以上です。

 

今日は、こんな感じで終わらせときます。

何人か同感するううう!って人いたら嬉しいな <3 (←こういうの使っちゃうの帰国子女w)

ではでは。